スポンサーサイト

  • 2019.04.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    あったかいんだから・・・

    • 2016.02.19 Friday
    • 17:37

    桜橋通りの角にあるポプラさん。以前は、かね喜寿司さんのあったところです。
    交差点の安全を見守る「かね喜のおやじ像」が有名です。
    かね喜さんの先代「富さん」の幼少時代をモチーフにしたもので、奉仕の心を忘れちゃいけない、まちをきれいにしよう。と、ほうきを持って微笑んでいます。
    にたにた せっかくまちをきれいにしてくれてるのに(笑)冬は寒かろうに・・・と思っていたら、先日、その「かね喜のおやじ像」に真っ赤なマフラーがかかっていました。ハート




    どなたが編んでくださったのかな?思わず笑みがこぼれるほど、嬉しいサプライズ。ビックリしちゃいました。
    こういう「気持ち」って、すごーく嬉しいですね。日本も捨てたもんじゃないなって、思う瞬間です。
    それも と〜っても似合っているんですもん。見ているだけで、あったかい気持ちになっちゃいます。
    ハート

    そこで、サプライズ2。きき






    すんごく嬉しかったので、(頭も寒そうだったので)編んでみました。毛糸のお帽子。それも黄色。(笑)
    なんてったって、比較的交通量の多い交差点。小学生も登下校で歩く歩道です。
    安全第一ということで、黄色にしてみました。(実はこれしかなかった・・・)

    掌で頭の大きさを計ったつもりが、うまくフィットしなくて、風が吹いたら飛んでしまいそう。
    エリザベス
    で、マスクの耳にかけるゴムひもの部分を取り付けて、これなら大丈夫かな。





    うん。いい感じ。矢印上手





    「♪あたたかなマフラーと帽子を あ〜げる〜。あったかいんだから〜♪
    風邪ひかないでね。
    ニコッきらきら

     

    何十年ぶり?の「お料理教室」

    • 2015.12.25 Friday
    • 17:29



    「良妻賢母」を夢見てちゅんあは
    いろんなお習い事に忙しかった頃が
    確かにあったはず。

    あったよな?・・・・多分。



    そんな昔を思い出して
    「お料理教室」へ行って来ました。


    吉田礼子料理研究家さんのご自宅のお教室です。

    今日は「タルトタタン」と
    絶対に失敗しないホワイトクリームを使った
    「マカロニグラタン」です。
    ハート



    レンコン料理を作って みんなで試食する
    「レンコンシェルジュ」というイベント(2月6日開催)講師も
    務める吉田礼子先生。

    とーってもキュートで、とーってもお茶目な先生です
    ハートハートハート










    私が思うに、料理のコツは「要領」です。
    ほんと?(笑)


    先生は、レシピを口で唱えながらホワイトソースを作り、
    その隣でグラタンの具を炒める。
    そのうえタルトタタンの準備もしつつ、りんごの皮を捨てずに煮詰めて
    おいしい箸休めをもう一品作ってしまう。

    「すげー」ざます。
    kyu汗




    青森の紅玉をふんだんに使ったタルトタタン。ケーキDocomo102Docomo102
    「タタン」って、人の名前だったんですね。
    知らなかった―
    電球



    主婦歴だけは長いわたしたち生徒は
    手際よくお料理していきます。要領よくね。
    :)
    ニンジン(おいしいもの)釣られたら頑張る生徒だもん。














    こんなにギッチリ詰め込んだ紅玉。







    生徒ではなく、礼子先生の真剣なまなざし。Docomo118Docomo118Docomo118



    グラタンも後は焼くのみですよ。
    なんてったって、「失敗しないホワイトソース」です。
    教えませんよ。(笑)

    でも、これ
    おうちで作って失敗したら、どうしよー?











    テーブルセットも先生のセンスが光ります。キラキラキラキラ
    さあ、クリスマスパーティ(女子会)のはじまりです〜。

    クリスマスクリスマスクリスマス












    クリーミィなホワイトソース。
    カニのうま味がぎゅっと詰まって
    もうほっぺたが落ちました。







    タルトタタンも、
    もう言うことはありません。♪♪
    問答無用に美味しい
    ♪

    なんも言えね〜〜Docomo109汗


    忙しいことを言い訳に、簡単に済ませがちな食卓のお料理asease

    愛情こめて手間暇かけて、家族のために
    真剣にお料理を見直す良いきっかけとなりました。ase

    たまにはね。真面目にお料理しよう〜〜っと
    ウインクペコちゃん



    ハートハート【吉田料理教室】ハートハート

    http://www.yoshida-cooking.com/archives/69

    美味しいお料理、美味しいスィーツ
    お料理のコツから食育、食材の選び方やテーブルマナー
    人生相談にも対応してくださいます。(笑)




     

    理事長ですけど、なにか?

    • 2015.09.18 Friday
    • 18:07




    いよいよ24日(木)から

    キララちゃんバスの料金が値上げとなります。

    10年間、ワンコインバスとして継続して来ましたが

    この度、苦渋の選択をすることとなりました。

    これからもキララちゃんバスを継続していくための「決断」であります。

    どうか、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます
    エクステンション


    100円が150円に値上げとなるポスター・チラシを早々と配布し、

    今週、やっと新しいパンフレットが刷り上がってきました。

    今までのものとベースは変えずに、

    でも、見やすく+わかり易くリニューアルしました。
    きき


    表紙となるイラストに加わったのが

    我NPO法人の理事長であります「大山直樹」総監督であります。








    え?

    真ん中の杖ついたお爺ちゃん?

    それは副理事長の 「H越副司令官」の うん年後の姿です。(遠くない未来)
    汗

    大山直樹理事長は一番左の両手を挙げている笑顔のイケメンです。



    ただ、このイラストを見た関係者が

    「あれ?東口の不動産やさん?」

    とか、

    「あら?スポーツ健康倶楽部のふるとく君?」

    とか、

    間違える人がいるのです。
    涙

    微妙に、そう見えるけど・・・ゆう★

    そう見えても、正真正銘、これは理事長なんです。



    運賃値上げを兼ねたパンフレットなのに、

    理事長が万歳をしているなんて、不謹慎だ。
    怒 場を読め!エクステンション

    なーーんておっしゃる方が いたとしてもご勘弁ください。


    これからも、土浦のまちを元気に走り続けますよ
    エクステンションエクステンション音符音符

    という意味を込めての笑顔です。ニコッ


    これからも、大山理事長ともども、

    キララちゃんバスをどうぞよろしくお願いいたしますエクステンション星

     

    家族の絆のつづき

    • 2015.09.03 Thursday
    • 17:46




    民族大移動2日目は、富山アルペンルートを
    探索しました。

    今や、何でも「検索」できるけど、
    「検索」より「探索」が一番。なんて、誰かが言ってたなー。
    にっこり





    宇奈月温泉駅からトロッコ電車に乗ります。
    ひたすら渓谷をガタガタゴトゴトと揺られて走ります。
    なかなかの絶景です。
    太陽
















    揺られること80分。欅平に到着しました。
    80分のうちの約半分が、トンネルだった気がします。
    汗

    一般観光客の皆様はここで降りての散策、または山登りなのですが、
    我家は「黒部渓谷パノラマ展望ツアー」なんてものを予約済みです。
    (よしゃーいいのに・・・)









    関西電力の専用列車に乗り換えて、トンネルを下って行きます。
    関西電力関係者のみ立ち入ることができる秘境の地に到着です。
    むっつり
    外気温が30℃近い真夏にもかかわらず、ここは20℃ほどの寒さです。








    よく、黒4(くろよん)ダムと言いますが、それは黒部ダムのある黒部第4発電所のことで、
    ここは、いわゆる「黒部第3発電所」黒3ダムの地下です。

    ここ、欅平から上流付近は、黒部峡谷の核心部で、高低差も大きく、
    明治時代から水力による電力開発の好適地と思われていたようです。
    でも、逆にいれば、人跡未踏の自然の要塞にトンネルを掘る、
    ダムを造るという、黒4ダム同様 前人未踏の難工事であったそうです。







    専用車両の線路の脇をどんどん歩いて行きます。
    鍾乳洞みたいで、気持ちがいいぞー。
    手



    そして、竪坑エレベーターに乗り込みます。
    一気に200m地上まで上がって行くのですわー。ひぇ〜〜。


    ビルの高さにして超高層53階。 ひぇ〜〜〜っ!!










    地上に出てから、更に山登りを楽しみ、(楽しんだ割に画像無し)涙
    ほどほど疲れてまたエレベーターに乗り、専用電車、トロッコ電車に揺られ
    宇奈月まで戻り、弾丸ツアーが終わりましたとさ。
    ちゅん




    もう疲れ果てて、3日目のようすをアップする気もありません。(笑)

    っていうか、このブログを読んでくださっている1億2千万人の
    ファンの誰一人として・・・
    この「家族大移動の編」を楽しみにしている人がいないと思うので、
    報告は終わります。
    寒い


    と、言いつつも
    最終日は飛騨高山でした。
    画像のみお楽しみくださいませ。






      



     


       ー完ー
     

    誰もが「ゴミ袋」を持って歩く・・と仮定する

    • 2015.08.28 Friday
    • 17:28




    我NPOでは、

    毎年「キララちゃんプロジェクト」を開催しています。

    桜まつり開催とリンクした「新川お掃除大作戦」です。

    桜まつり開催日の朝の1時間だけ、みんなで新川をキレイにするというミッションです。

    毎年、100名以上の参加者の皆さんと一緒に 徹底的にキレイにお掃除をします。

    こうした活動が日常、縛りはなく誰もが気軽にやれることはできないもんかな〜

    と、思っています。









    今、ウォーキングが流行です。

    私も時間が許す限り徘徊歩いていますが、(土浦弁では、あるってる

    道にゴミが落ちていると、ついつい拾ってしまいます。(あら、偉いわ―あたし)


    でも、「バッチィ」ゴミをつまんだまま歩けないし、

    いまどきゴミ箱は少ないしで、どうする?コレ。となってしまうのです。

    こうして、ゴミは拾いたいけど その後のことを考えると拾えない・・って人が

    たくさんいるんだと思います。







    NPO法人スポーツ健康倶楽部では

    「ときどきゴミ拾いウォーキング」なんてことをしています。

    ただ歩くんじゃなくて、

    たまにでいいからゴミなんか拾いながら歩いてみようかー的な

    古徳洋一代表そのままの ゆる〜いプログラムがあります。

    これ、いいですよね。

    毎回やってたら続かないことも、ときどきがいいんですね。



    いつか、車で移動中に、信号待ちで止まっている前の車の中から

    いきなりゴミが側道めがけて投げ出されたことがありました。

    ビックリするより、悲しい気持ちになったのです。

    後部座席にピョンピョン跳ねる子供の影があったので、涙が出そうになりました。

    今はピョンピョン跳ねてる子供も、大きくなったら

    どこそこ構わず、ポイポイとゴミを投げ捨てるんだろうなー・・・(泣)


    そのゴミを拾って、追跡して、家の中に放り込んでやりたい衝動にかられました。



    例えば、自分の住むまちを我が家だと仮定する。

    ゴミ、捨てられないよね?  拾うよね?

    まー、なかなか、そうはいかないもんですがねー。(笑)




    毎日欠かさず犬の散歩をする友人が、

    愛犬の「ふん」の始末をするビニール袋を持ち歩いているから

    目につくゴミも拾って捨てているという話を聞きました。

    偉いわ―。




    例えば、まちじゅうの人が、

    ゴミ袋(ビニール袋)をポケットに入れて歩くと仮定する。

    まちじゅうがキレイになるでしょうね。

    ・・・まー、なかなか、そうはいかないもんですが。

     

    家族の絆

    • 2015.08.25 Tuesday
    • 17:47


    24時間テレビとやらが始まって37年になるらしい。


    「愛は地球を救う」をテーマにして、
    国内外の福祉・環境保護・災害復興の支援に役立てる事を目的とした番組です。
    本当の主役は(テレビの前の)あなたです」をキャッチフレーズにしています。

    その中でもメインとなる「24時間マラソン」
    「絆をつなぐ」という意味で、ランナーがタスキを受け取り、
    そのタスキを武道館に届けるということ。
    今年も走り切りましたね。


    人間の絆
    親子の絆
    家族の絆
    いろんな絆がありますが、
    我家も1年に一度のイベント。
    「絆を強くする(てい)の家族旅行」を今年も決行してみました。
    ハート



    昨年はずいぶんと遠出をしてしまって、ヘロヘロになってしまい
    お盆明けの仕事にめちゃくちゃ影響を及ぼしましたので、
    アセアセ
    今年は、「欲張らない。」「無理をしない。」をスローガンに行って参りました。


    夜中の高速道路を走り、サービスエリアで寄り道をしまくり
    夜が明ける前に長野県安曇野市へ到着しました。
    ♪



    扇沢からトロリーバスに乗って
    黒部ダムへと向かいます。







    始発の7:30の乗車券を求める窓口は
    すでに長蛇の列。
    さすが、夏休み。






    以前、黒部ダムに来たときは冬だったので、
    黒部の放水ははじめてです。

    圧巻でございます。
    人が造ったとは思えないスケールの大きさ。

    石原裕次郎さん、ありがとう
    びっくりむっつり
    っって、違いますよー顔


    これは観光客用の放水なので、ミスト状となっているそうです。






    しかし、日本アルプスの山々が、なんて美しいこと。
    もう、この景色を眺められるだけでも最高
    びっくり
    空気も水も美味しいったらありゃしない。ハート

    汚れた心が洗われます(笑)

    腹黒い家族の心がキレイになったところで、扇沢に戻って、
    そこからひたすら北上し富山県を目指します。
    車


    富山県沖で新鮮な海鮮丼を食べたり
    路面電車に乗ったり、ラジバンダリ。(古っ)







    ホテルのチェックインでもらいましたエクステンションゆう★
    (キララちゃんバスもこれ導入したいなー)








    路面電車
    富山駅の構内に乗り場があって、超便利です。
    ちょっとビックリ。

    おもしろーい。にた











    同じ路面電車でも
    この最新式のライトレールに乗りたかったー。ハート











    駅前の居酒屋でヘロヘロになるまで
    家族全員でさんざん飲んだ後に富山城公園へ行きました。
    すっかり、日が暮れてます。
    きゃvネコ








    千歳御門からお邪魔しまーす。ひらめき
    (嘉永2年(1849)に建てられた千歳御殿の正門。
    千歳御殿は第10代富山藩主・前田利保の隠居所として建てられたものだそうです。)  

    亀城公園の東櫓も負けそうな大きさ。(負けてるわー)
    ガーンネコ



          






    富山城は天文12年(1543年)頃に越中東部の新川郡への進出をもくろむ
    神保長職(じんぼう ながもと)が、椎名氏の支配地であった
    神通川東岸の安住郷に家臣の水越勝重(みずこしかつしげ)に命じて築城したとされる。

    昭和29年(1954年)富山城跡の敷地一帯で富山産業博覧会が開催され、
    鉄筋コンクリート構造によるこの模擬天守が建てられ、
    通称「富山城」と呼ばれることになった。
     この模擬天守は同年11月より富山市郷土博物館として運営が始まった 。

    って、ウィキッちゃってみました。
    ゆう★


    夜の天守閣は幻想的でしたよ。きき





    そうそう、
    市内のあちこちで見かけるシクロシティ。
    (富山市民共同利用システム)






    ライトレール(路面電車)のICカード「パスカ」とも連携していて
    基本料金500〜700円のそれらのカードがあれば、
    何度でも無料で利用できます。(30分以内のみ)







    中心市街地18か所に設置されていて、
    どこでも乗り降り(貸出&返却)が可能です。


    いいなー。土浦でも導入してみたいですねー。
    ヤッタv



    つづく


     

    宍塚の大池にヤマタノオロチ伝説

    • 2015.06.09 Tuesday
    • 11:51



    宍塚の大池に行ったことがありますか?

    認定NPO法人宍塚の自然と歴史の会さんが、
    「お年寄りからお話を聞き、歩き、資料を集め、地域の歴史を調べる」
    という目的を持ち、さまざまな里山保全活動をされています。
    発足は1989年ですから、もう26年もの間、活動をされていらっしゃる
    NPOの大先輩です。
    矢印上


    宍塚の大池には、以前から行ってみたいなーと、思っていました。
    近いからこそ、いつでも行けると思っていて、これまで一度も行ったことがないのです。


    里山の会のHPを覗くと
    「人と自然が一体となって作り上げてきた里山は、
    どの風景にも深い歴史が隠されています。
    とくに上高津貝塚(国指定史跡)、宍塚古墳群、
    鎌倉時代の銅鐘(国指定重要文化財)をはじめ史跡が豊富で、
    歴史を体感できる地域です。
    ぜひ、昔の景観、人々の暮らしとその思いを想像しながら歩いてみてください。」
    と、あります。
    き


    ならば、ゆっくりと散策しなくっちゃ!
    ということで、
    休日に出かけたのでありました。

    家から歩いてもたいしたことはありません。が、
    買い物がてらイオンに車を停めて、そこから歩いてみました。
    目指すは上高津貝塚です。








    そこから、森を抜ければ大池なのです。


    貝塚をぐる〜っと歩き、森へ入りました。
    しばらく行くと「おや?」
    貼り紙が見えてきました。







    「まむし キケン!」

    え?まじ??!!
    驚く

    ・・・ですよ。
    そーですよ。
    私は気づいてしまいました。
    なんで、この季節に
    なんで、こんな雨上がりに
    虫とかヘビとか大の苦手の私が、
    なんで森に足を踏み入れてしまったのでしょうか?



    さあ、どーする。


    帰ろうかな?
    引き返そうかな?
    でもさー、・・・

    勇気を出して、
    脇目もふれず、
    足元だけは「凝視」して、
    ダッテ ミチニ ナンカイタラ・・・ドースンノ?

    NPOさんの言う
    「ぜひ、昔の景観、人々の暮らしとその思いを想像しながら歩いてみてください」
    なんて、
    今の私には「無理っ!!」
    ゆう★

    できるかーーーい。涙






    大汗をかきながら、競歩からランニングに近い速さで
    森を駆け抜けると、大池が見えてきました。

    「ぜぇ、ぜぇ、」






    わーーい。到着ですほっ



    本当だ。
    なんか、すごい自然だー。







    NPOさんの看板がかわいいです。






    思ったより池は大きくはなくて、
    手つかずの あるがままの自然にちょっと時代錯誤。

    池の向こう岸には、カルガモとシロサギがいました。

    池の中から
    なんか、出てきそう。
    なんにも出てくるはずもないけど。



    「出るんだってさ」
    え
    「なにが?」
    「ヤマタノオロチだよ」
    え
    「うっそ??」

    なーんて、黄金伝説があったら、
    ちょっとおもしろいんだけどなー。
    ちゅん




    池の周りには誰もいなくて、
    でも、
    誰かが見ている気がして、(やばい)
    パッと振り向くと・・・

    パッと、目をそらした
    野良猫ちゃん。








    まむしじゃなくて、良かったー。

    「おいで、おいで」と手招きしても知らんぷりです。

    里山に住んでるんですか?

    マムシは怖くないのですか?

    昔、沖縄で、ハブとマングースの戦いを見たけど、
    猫とまむしの戦いはあるんでしょうか?

    里山の会さんが発行している「五斗蒔だより」に
    大きなあおだいしょうが、ウサギを・・・みたいなことが書いてあったことを
    思い出してしまいました。
    ちゅん

    まさに、自然と共存しているんですエクステンション
    素晴らしいエクステンション


    野良猫の身を案じながら、
    自然と大池を満喫して、
    また森に入ることを拒否りたいところだけど、
    一生帰れなくなるから、
    冬に来るべきだったと、ちょっと悔やみつつ
    すたこらさっさと、博物館目指して森を抜けました。




    土浦にこんなに素敵な里山があるんだってこと、
    もっともっと、たくさんの人に知ってほしいなー。


    と、思いながら歩いて帰りました。null

    NPO法人宍塚の自然と歴史の会


     

    総会終了!!

    • 2015.05.26 Tuesday
    • 18:06



    平成27年度 第11回定時総会が終了しました。















    さすがベテラン(重鎮)の理事の皆様。
    終始、余裕の笑みがこぼれていました。

    和やかに開幕し、
    第1号議案から第6号議案まで、滞りなく
    慎重なご審議を頂き、無事に閉会となりました。


    (事務局は終始、冷や汗・・・)涙






    この総会までの道のりは
    なかなか険しい獣道なのであります。(笑)




    毎年、
    新年を明けたころから
    まず、決算書と予算書の準備をはじめます。
    管理費や、中心市街地活性化事業の数字は
    年度末前にはほぼ固まります。




    問題は、バス運行事業の決算です。
    運送事業者からあがる、最終報告。
    年度末(3月)の運賃と燃料費を含む経費の数字によって
    決算書のあらゆる科目の数字が次々に変わっていくわけで、
    4月の理事会に上程するギリギリまで
    蒸しあがったお餅のように
    できたてほやほやの(固まりかけた)決算書なのです。

    3か月の間、毎日毎日
    数字との追いかけっこが続くので、
    かつて、銀行員だったころよりも
    なんだか はるかに数字に振り回され、
    かつ、うなされている気がします・・・。
    (泣)



    監査が終わるまでは、息つく暇もありません。
    (過呼吸ーーーー)


    NPO女子会に事業報告書は任せ、
    事業計画書を作り、
    ほぼ「通常総会議案書」が完成します。


    そして、そんな中
    何を好き好んでか
    自分で自分の首を絞めるかのように
    今年は「NPO10周年記念」の
    スライドプレゼンを行うために
    パワーポイントの製作に取り掛かっちまったわたくし。


    そして、総会当日に完成したのです。(凄い)







    そんなプレゼンも大盛況の中
    無事に総会は終了したのでした。

    めでたし、めでたし。

    どんな昔話やどんな童話のハッピーエンドより
    我々NPO女子会にとって、それはそれは
    「めでたし、めでたし」
    なわけです。


    「終わったーーー」(達成感&脱力感)









    8年間の長きにわたり
    理事長を務めた勝田達也氏が
    市議会議員となる前に辞任をされていたので
    この度、新理事長が就任されました。







    新理事長の桝添要一・・・じゃなくて、蛭子能収でもなくて、
    大山直樹氏でございます。









    大山理事長
    いつも穏やかで、
    いつも優しい笑顔で
    NPO女子会、いつもいつも癒されています。

    個人的に
    大山氏には7〜8年前に
    ものすごくお世話になっているので、
    運命の人なのだと確信しています。(内緒)




    そして、
    大山新内閣の元
    新しい理事さん3人が加わりました。







    オブザーバーとして以前より
    お世話になっていた寺田英俊氏。
    あらためてよろしくお願いします!
    (決して、怪しい中国人ではありません)
    ちゅん









    土浦商工会議所女性会
    水郷イルミネーション推進委員会会長の
    斉田恵美子女史。
    森山さん








    そして、
    マイクを持ってる人じゃなくて、
    その前方に鎮座されている田中義法氏。
    汗
    常磐線東海道線乗り入れ推進協議会
    元青年部会長です。
    亀城太鼓保存会代表もされています。



    あ、ついでにマイクをもっていらっしゃる方も
    紹介しておきましょうか。
    寒い
    中城倶楽部
    NPO法人スポーツ健康倶楽部代表の
    古徳洋一氏。
    自ら志願しての「監事」就任です。
    (だったはず)
    え


    新しい風が入りました。
    より幅広く、より大きく高く飛躍するNPO。
    矢印上
    (ドローンのように落ちないでね・・・)


    そして、
    8年間の長い間、理事長を務めてくださいました
    勝田達也氏。
    お疲れさまでした
    エクステンション
    また、市議選へのご当選
    おめでとうございました
    エクステンション









    NPOを代表して、木村恵子理事より花束贈呈がありました。き






    オブザーバーを含めたNPOまちづくり活性化土浦の
    メンバーです。


    これからの活躍にご期待くださいませ
    ハート



    終わった―――――
    いざ、モルディブへ
    にっこり(笑)





     

    Back to the Future

    • 2015.03.17 Tuesday
    • 15:23



    私の友人は、小さいころ祖父母と暮らしていたので
    テレビ番組といえば「大岡越前」や「銭形平次」といった時代物ばかりだったらしいです。テレビ


    その影響からか、はたまた お小さいころから時代錯誤のくせをお持ちだったのか
    「東京」というところには、「江戸城」があり、汗
    お侍さんがいて、お奉行様がいて、あちらこちらに 馬やら籠やら飛脚が
    走り回っていると思い込んでいたそうです。おじぎ汗汗


            



    生まれた時すでに、IT(PC等)がある環境で育った今どきのお子ちゃま。
    デジタルネイティブというそーです。
    3歳にしてスマホやPCを操り、小学生でプログラミングの塾に通い、
    自分でゲームやアプリを開発しているらしい。パソコン


    東京に江戸城があると信じて妄想を膨らませていた友人のご幼少時に比べ、
    はて?どちらのお子ちゃまが子供らしいか?幸せなのか?

    どちらも それはそれで、幸せなのだろうことはもちろんですが、
    どちらかといえば、妄想を膨らませて夢見る一昔前の子供の方が、
    子供らしいんかなーと、思うのは 年代の差で違ってくるんですかね?



       


    IT社会。高度情報社会。
    スピードを要求されるビジネスマンらにとってはこりゃ、便利。
    でも、見たくないものも目に入り、聞きたくないことも耳に入り、
    いろんなアプリやゲームが、いろんなところで悪い影響を与えていることなどを考えると、
    有毒ガスのように 目に見えないサイバーテロが、身近な場所、子供をとりまく環境などで
    繰り返し行われている?としか思えないのですよ。恐ろしいばかりなのです。汗



    これからの子供の夢や想像力が、どんな形となっていくのか?
    子供の心が、年齢に伴った成長をしていけるのか?

    どれもこれも、
    時代の流れなのだ!
    「これでいいのだ!」なーんて、
    バカボンパパのように汗割り切っていいのだろうか?

    これからの世の中、不安でいっぱい。悲しい
    我が子の行く先(未来)も、不安でいっぱいと思うのは、私だけなのかなー?


    世の中が便利に暮らしやすくなるのはいいことだけど、
    人の「心」は大事に育てていかなくちゃ、ビックリと思う。


    黒い電話のダイヤルを回して、
    「○○ちゃんは いますか?」と、取り次いで汗汗
    「今日、遊べる?」感動
    なーんて約束をしたころが懐かしいなー。Docomo74

    ラインをしても返事が来ない「既読無視」から「いじめ」が生まれる今の子供の世界。NG
    それを考えると、今どきの子供は不幸としか思えない。

    そんな社会にした我々は、責任をとるべきなんじゃないかと、
    これからを生きていく子供達を助けるべき手段を
    一刻も早く見つけ出さなきゃいけない!と、思う。

    それこそ一刻も早く。
    それこそが、スピードを要する最重要かつ最優先な開発じゃないのかな。


    Back to the future びっくり

    過去にもどることはできないけど、
    過去のような、例えば江戸時代のような世の中に戻すことが できないものかなー。煙煙



     

    やるなー、セブン・・・。

    • 2015.01.06 Tuesday
    • 18:08


    かわいいはずの娘から、ラブ

    「これ、おいしいよ。もう、食べた?」

    と、メッセージと一緒に送られてきた画像。








    おい

    「・・・・・・・おかあさまに、ケンカ売ってるのかしら?怒り


    正確に言わせてもらえば、
    「お抹茶ババロア」ですよね?



    念のため。あは




     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    WEATHER NEWS

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM