土浦「亀の市」

  • 2017.04.10 Monday
  • 18:24

 

おいらは「つっちぃ」

久々の登場だにゃ〜。嬉しいニャ。

 

土浦で初の「蚤の市」を開催するらしいニャ。

4月の30日日曜日10:00〜15:00

 

ところで、「蚤の市」ってなんニャ??

 

あ〜〜〜、かゆいかゆい。あっちこっちかゆくなっちゃったよー。

え?おまえ蚤がいるんだろ。って?

失礼だニャ。

いくらおいらが野良猫で、亀城公園の東櫓の下で寝てるからって

そりゃー偏見だニャー。

 

おいらみたいに「蚤の市」を知らにゃい若い世代の人達は大勢いるさ。

あ、

だからネーミングを変えたの?

 

 

 

「亀の市」

だってさ。ふ〜ん。

 

アンティークな家具とか古道具とか古書とかね。

たくさん出展されるんだって。亀も売るんかニャ?

 

沼尻墨遷の寺小屋があった場所(琴平神社参道前)で開催するから

「書」に因んでの素敵な作品もあるんだってニャー。

 

そんでもって、先日そのプロローグみたいな

お勉強会が開催されたニャ。

教科書では教えてくれない土浦の歴史についてニャ。

 

蚤の市ってのは、つまりさ、商売だからさ、

「土浦の商い」が、昔どんな感じで、どんな人たちが

どーやって商売やってたんかーを 歴史に詳しい人に語ってもらったんだニャ。

 

 

 

おっと。怖そうなおっちゃんニャ。

日本史の先生みたいだニャ。

この人は、あの有名な「咸臨丸」に乗っかってアメリカに渡った一人。

石塚嘉八の末裔ニャ。

 

 

おっちゃんの前にある布は昔の商売で使われてたお金を入れる袋ニャ。

今で言う「レジ」だニャ。(笑)

 

おっちゃんおっちゃん、言うな!!って?

申し訳ニャー。

「石塚英岳さん」ニャ。失礼!!

 

 

 

 

 

土浦の歴史好きが集まったニャー。

雨で花見に行けないからかニャー(笑)

 

 

 

 

 

和同開珎とか無紋銀銭とか万延小判とか、

おいら、見たことないものがたくさんあったニャー。

 

 

 

 

 

んで、みんなが「へー」って、ひときわ驚いてたのは

おっちゃん石塚さんが使ってるこの机。

沼尻墨遷が寺小屋をしていた時に使われてた机ニャンだってー。

 

 

 

 

 

このおっちゃん石塚英岳さんの祖先の「咸臨丸に乗ったおっちゃん石塚嘉八」の父親が

沼尻墨遷のお兄さんなんだってさ。

んで、沼尻墨遷の息子は「ぼくたん」っちゅう名前で、八坂神社の神官をしていたんだってさ。

 

ぼくたんなんて、かわいい名前ニャ。

「ぼくたん、お名前なんてーの?」って聞いたら「ぼくたん」って感じニャ。ケケ・・

 

ん?教科書では教えてくれない土浦の歴史の内容が知りたい?

おいら、半分眠ってたからよくわからないニャ。アハハ・・・

ごめんね。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.04.24 Monday
  • 18:24
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    ぼくたん、待ってました!!
    • ひるね
    • 2017/04/15 10:05 AM
    「ぼくたんと行く土浦の小路」
    なんて感じのもんをシリーズ化するつもりらしいニャ。
    で、おいらはどーなるニャ?
    おいらの出番が無くなるニャ・・・。涙
    • つっちぃ
    • 2017/04/17 9:07 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    WEATHER NEWS

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM