スポンサーサイト

  • 2019.04.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    八坂神社

    • 2013.05.13 Monday
    • 23:15
    お天気がいいから、真鍋のお山に来たニャ。 ここは、八坂神社。



    江戸時代に土浦城(亀城)の鎮守として、土屋氏から手厚い崇敬を受けてたらしいニャ。・・・崇敬を受けるって、どーゆーことかニャ。 土屋藩も「神頼み」ってことかニャ? 祭神はスサノオノミコト。みんなに「天王様」と呼ばれてるらしいニャ。



    境内にはご神木がたくさんあるね。

    ふーーん。ケヤキの木か。


    あ、絵馬がたくさんあるニャ。 みんな、何をお願いしてるんかニャー。人のことは気になるんニャー。おいらも「キティちゃん」以上にBIGになるようお願いしようかニャー。


    お清めのお水ニャ。 んーーー、おいらの汚れた心もお清めするかニャ。え?腹の中も洗え?? 余計なお世話です。


    ところで、このお賽銭箱は持って帰れないのかニャ。神様の見ている目の前で、おいら怪盗つっちぃがお賽銭箱ごと消し去ったら、とんでもニャー「罰」が当たるんだろうニャ。・・・おっと、こんなこと考えるなんて、やっぱおいら、心を洗い流さないといけないニャー
    夏の大祭「土浦祇園祭」は7月 (今年は26日〜28日)土浦っ子はそりゃー大騒ぎで、各町内の山車や獅子を引っ張ってまちじゅうを練り歩くんだニャ。   土浦は歴史あるまちだから、たくさんの祭事があるニャ。いいなー、土浦って。ふー  境内を1周したら、眠くなったニャ。


     Z Z Z Z Z Z・・・・・・・・・・・・
     

    スポンサーサイト

    • 2019.04.10 Wednesday
    • 23:15
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちは。

      今の土浦が有るのは、土浦藩を土屋氏が治めていたから。(ご先祖様は大切に。)

      だから土浦の祭りはこれからの土浦繁栄の為、受け継がれていく大切な風習。

      正月には多くの参拝客でごった返す超有名な神社。
      • 土浦太郎
      • 2013/05/14 4:03 PM
      土浦八坂神社は戦前までの神社の格付けで郷社。土浦では唯一の格上で、市内の神社は村社以下です。鎮座680年の古社でもあります。2/18の祈念祭、7/20の例大祭・祇園祭、11/23の秋季大祭と年3回の大祭式典が古式にのっとり毎年催行されています。
      祇園祭は例大祭に続く最大行事です。
      判明しているだけで江戸時代以前から開催されていたようです。この歴史的事実だけでも土浦市無形文化財を指定されて当然の行事だと思われます。
      土浦八坂神社の宮神輿は昭和8年作。当時の鉄道大臣・原修二郎氏(茨城県初の大臣)の寄贈によります。
      台輪5尺(150cm)の神輿は関東屈指の大きさです。通称300貫(1
      t)神輿。実重量は担ぎ棒を含めて700垓。
      この神社の裏側には山車小屋が並びます。現在は大手町、文京町、中央1丁目の3町の山車、屋台が格納されています。
      • 0832
      • 2013/05/15 9:33 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      WEATHER NEWS

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM