キララちゃんバスで行くお寺巡り(其の1)

  • 2018.12.07 Friday
  • 13:34

 

12月6日木曜日

朝からシトシト雨が降る中

キララちゃんバスで行く土浦巡り 第1回お寺編を実施しました。

 

西口バスロータリーに集合された参加者の皆様16名

雨にも負けず、お集まり頂きました!

そして、取材にいらしてくださったJ-COMさん。

ケビンコスナー理事長のインタビュー、しっかり撮れたかなー?

 

 

 

一日密着取材ということ・・・。

あ〜、念入りにお化粧しとくんだった。失敗!(笑)

 

 

 

このツアーは、貸切バスではありません。「路線バスの旅」です。

土浦駅9:10発の亀城公園循環に総勢17名で乗り込むと

常連のお客様と合わせて、バスは満員御礼となりました。

理事長をはじめとする市の関係者に見送られ出発です。

「行ってきまーす!」

 

まずはじめに「等覚寺」を訪問するため大手町で下車します。

土浦駅から3分で到着です。

(真宗大谷派。寺伝等によれば、等覚寺(とうがくじ *等は草冠に寺、覚は旧字の覺)の前身は、常陸藤沢にあった藤沢山三教(さんごう)閣極楽寺、その開基は了信と伝えられる。
小田氏十五代氏治(天庵)の弟治算(慶円)によって、慶長10(1605)年に現在地に移り、寺号を蓮光山正定聚院(れんこうざんしょうじょうじゅいん)等覚寺と改められた。)

 

 

 

このお寺は、何と言っても釣鐘が国宝級の文化財。

土浦市ボランティアガイドの方が、詳しく説明をしてくださいました。

 

 

 

 

次は、お隣の「東光寺」へ移動します。

(東光寺は慶長12(1607)年、心庵春伝(しんあんしゅんでん)によって開かれたと伝えられる。
境内にある朱塗りの建物で瑠璃光殿(るりこうでん)と呼ばれる薬師堂があり、市指定文化財の建造物である。
この堂前には二基の句碑が並んでいる。一つは芭蕉の句「八九間空で雨降る柳かな」で、嘉永5(1852)年の蕉翁百五十九年忌に建てられ、もう一方は、内田野帆(やはん)の句「声に身を持たせて揚る雲雀かな」である。さらに堂の左手には、乃木将軍外祖父の長谷川金太夫翁之墓の史蹟がある。
境内には弁天堂もあり、享保7(1722)年の建立である。
本堂裏の墓地南東隅の一段高くなったところがあり、土浦城南門の土塁の遺構が一部残っている。また、土浦藩主の侍医を勤めた辻元順の墓があり、土塁と共に土浦市指定史跡に指定されている。)

 

 

 

 

 

松井ご住職が、本堂はもちろん、書庫や庫裡すべての扉を開けて

我々をお出迎えしてくださいました。

 

 

 

納骨堂と宝冠阿弥陀如来像の説明をしてくださった

「海老蔵ご住職」こと、参加者のおばさま達に大人気だった現ご住職。

キャー!

 

 

 

 

そして、先代のご住職が 東光寺の歴史、宝冠阿弥陀如来や薬師如来について、

また、乃木希典将軍の母である乃木壽子刀自についても  とてもわかりやすく

お話してくれました。さすが元 日本史の先生です。

池上明もビックリでございます(笑)

 

 

 

 

 

降車した「大手町」から「土浦二高」まで、またバスに乗って4分の移動です。

あら、早くもお疲れの様子?

元キララちゃんバスボランティア第1号の湯本さんです。

当時はとてもお元気で、毎日のようにバスに乗って観光案内や

高齢者の介助等、頼りになる存在でしたが、事故で体を壊されてからは

「常連客」として、今でもキララちゃんバスに貢献してくださっています。

まだまだ、お元気!!

 

 

 

 

 

 

午前中のプログラム最終寺は「神龍寺」です。

ボランティアガイドさんは、お寺だけではなく、バス停から歩く道の途中

古地図に沿って、昔の地形、街道や河川、人々の暮らし等の説明までしてくださり

まち歩きの楽しさもガイドしてくれます♪

 

 (創建は天文元年(1532)

即庵宗覚の弟子で雪田真良和尚を招いて土浦城主菅谷政貞が開山したと

伝えられています。日本三大花火大会の一つの土浦全国花火競技大会を私財を投じてはじめたのが大正14年(1925)、24代住職秋元梅峰師だそうです。境内には海軍霞ヶ浦海軍航空隊で殉職されたかたがたを供養するための慰霊塔「霞ヶ浦海軍航空隊航空殉職者供養塔」があります。)

 

 

さあ、「土浦二高」からバスで4分移動します。「まちかど蔵」へ向かい、一旦解散です。

昼食時間(自由時間)では、みなさんキララちゃんバスの協賛店でお食事を

してくれましたー♪ありがとうございますー♪

 

 

(其の2に続く)

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.13 Thursday
  • 13:34
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    WEATHER NEWS

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM