「つちうら亀の市」ふたたび

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 11:49

 

 

春に開催された「つちうら亀の市」が

亀の市ファンの熱いリクエストにお応えしてか?

はたまた

それは主催者の勝手な思い込みであって、

強引な開催なのか?エリザベス

 

なにはともあれ、11月4日

第2回の亀の市が開催されました。

 

 

 

 

今回も参道には溢れんばかりの人で、終始賑わいました。

 

上の画像の右側「蔵」の看板の下にある碑は、

江戸時代の地理学者「沼尻墨遷」の七回忌に門弟たちによって

学徳を偲んで建てられた退筆塚(たいひつづか)の碑。

 

亀の市では、その沼尻墨遷が寺小屋を開いていたこの場所で

「筆供養」も行いました。

 

 

 

 

 

 

 

亀の市では初の 「書道ガールズ」クローバー

土浦の名門「土浦二高」書道部によるパフォーマンスが、本日の目玉です。

 

 

 

 

画像の奥に鎮座されておられる我NPOの御老公

Hさまは、審査委員長気取りでご満悦。にた

 

 

 

 

 

「境内で書道ガールズ」

もう、似合いすぎてます!ハート

ここでやらないで、一体どこでやる?(笑)

 

 

 

 

 

2枚の作品が完成しました。

 

 

「静」と「動」のどちらかでいえば、「静」のイメージが強い「書道」

心落ち着かせ、畳に正座。厳粛な空間で作品を生み出す。

そんな、ちょいと敷居の高いイメージがありますが、

その概念を覆すJ K(女子高生)のクオリティ高いパフォーマンス。きき

「動」を取り入れ、音楽に合わせて思い思いの「気持ち」を文字にして表す!!

このパフォーマンスこそが、この亀の市のコンセプト。

「温故知新」ならぬ「温故創新」なのです!

 

 

 

 

かわいい〜〜きらきら

こんな時代があったわーー、私にも。(たしか・・)

 

 

 

 

こちらは、ひたすら「飲食」に徹するひとたち。=3=3

 

 

 

ひたすら作る人と、

 

 

 

ひたすら飲む人。ちゅん

 

 

 

これまた亀の市初の「おもしろい紙芝居のおじちゃん」が

子供たちの純真な心をわしづかみてれネコハート

ひたすら飲んでた上のお爺ちゃんや、パパママたちも

親父ギャグ&懐かしさで笑顔&笑顔kyuハート

 

 

 

 

紙芝居に釘づけの境内に群がるお子ちゃまたち。クッキーモンスター がちゃぴん ァンパンマン ELMO

昭和の風景ですね。

これまた「温故創新」

 

 

境内のステージでは、和太鼓をはじめ ジャズ、昭和歌謡、ご当地ソング、お琴の演奏etc・・と

たくさんのアーティストさんが「市」を盛り上げてくださいました。

いつも本当にありがとうございます!!!

 

 

こうして、第2回つちうら亀の市は無事に終了♪

 

参道には人を集わせるパワーが充満しているのかな?

やっぱりこの場所は、土浦のパワースポットなのかな?と、

つくづく感じた1日なのでありました。

 

 

 

 

つちうら亀の市を通じて、

たくさんの参加店

たくさんのアーティスト

たくさんのみなさんに、

ここ土浦を より好きになってもらえたら嬉しいデス♪

 

次回もお楽しみに!!!

 

スポンサーサイト

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 11:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    WEATHER NEWS

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM