観光ボランティア協会

  • 2017.09.21 Thursday
  • 15:55

 

 

キララちゃんバスのバス停にもあるんですが、

土浦は中城通りにある「まちかど蔵」って、ご存知ですよね?

 

まちづくりの仕事をしているおかげで、我々は理解していますが、

土浦に生まれて育って30年40年以上過ぎた人でも

「まちかど蔵???なにそれ」の方がたくさんいるのです。汗

 

「まちかど蔵」「まちかど大徳」「まちかど野村」「にぎわい蔵」

どれが何か?どこに何があるか?何がなんなのか?

つまり、よーするにどれもこれも「なにそれ?」なのです。ぐすんぐすん

 

確かに、耳にしたことはあるけど

それが一体なんなのか?掘り下げる人が少ないのですね。

 

これらは江戸時代末期の商家(見世蔵・袖蔵・元蔵・向蔵)を保存して

観光情報を提供するまちのアンテナショップなのであります。

大徳さんと野村さんが、それぞれの大家さんなのであります。

と、説明すれば「なるほど」と、納得いくわけです。ゆう★

 

説明しなくてもそこが土浦のアンテナショップだ。ということが

わからないことがネックなのです。ひらめき

まちかど蔵(観光物産店)となっていて、

観光物産店(まちかど蔵)ではないのであります。

まちを歩いていると、まちかど蔵のすぐそばで、

「お土産とかは、どこで売っているのですか?」と聞かれることがあります。ゆう★

大きな看板で「観光物産店」と掲げるのはいかがでしょう?

景観にそぐわないのでしょうか?そこに土浦のこだわりがあるのでしょうか?

 

 

なぜ、まちかど蔵のお話をしたかと言うと、

先日「土浦市観光ボランティアガイド協会」さんに依頼されて、ポスターを作成したのです。

土浦全国花火競技大会にいらっしゃるお客様を案内するためのプラカードです。

 

「まちかど蔵 亀城公園(土浦城址)を無料でご案内いたします」

だったのですが、

他県から来られる方が「まちかど蔵」って、何?となるわけで、

観光物産店だということを明記しておけば、観光もできてお土産も買えるわ♪

と、なるのでは?と、協会の方に提案したのであります。

土浦の中にいる人間では、気づかないことが多々あるのですね。

我々のあたり前は、他県の方々からすると理解不能なこともあるのですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

「土浦市観光ボランティア協会」メンバーの皆さんは

代表を務められる篠崎修一郎さんをはじめ、

土浦が大好きな方ばかりで構成されています。

そんなボランティアの方々が、花火大会当日の10月7日㈯に、

このプラカードを持って土浦をご案内しますよー。

よろしくお願いいたします!!

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 15:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    WEATHER NEWS

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM