「医療センター」バス停リニューアル!

  • 2017.03.07 Tuesday
  • 17:11

 

先日お伝えしたコバヤシ建装さんによる

「霞ヶ浦医療センター」バス停修繕。

 

今週も土日の2日間に渡り、丁寧に作業をしていただきました。

大きな飛散防止ネットで被い、養生もバッチリ!

 

 

まずはサビ止めの吹き付け作業から。

 

 

下地のお色直しが完成です矢印上

これだけで充分キレイき

 

 

このあと、いよいよ仕上げ塗りですごちそうさま

 

 

 

塗装を担当してくれた大場さん(左)と春日井さん。

ぃよっ!晴れやかなこの笑顔ちゅん

 

 

 

ここであらためて…

ビフォー画像がこちらですよ〜 ↓↓↓

 

 

そして!

リニューアル完成後がこちら〜 ↓↓↓

 

 

なんて可愛い色味でしょ〜矢印上

 

 

キララちゃんカラーが施されて、生まれ変わりましたぁクラッカー

ベンチの色も明るくなりましたね〜手

 

 

 

後ろから見ても可愛いスマイル

前から見ても可愛い♪

 

 

医療センターの入口が

とっても明るくなりましたき

 

 

昨年、土浦協同病院がおおつ野へ移転してしまってから、

こちらの霞ヶ浦医療センターにかかる患者さんが増えました。

しかしながら、同センターを経由する路線バスは

いまやキララちゃんバスだけなのです顔

 

バス停でお待ちの利用者さん達は

「このバスだけが頼りだよ〜」

「バス停が綺麗になって、気持ちがいいねぇ」

皆さんそう言ってくださいます。

涙が出そぅ。。。(>_<)

 

今回ご貢献くださった螢灰丱筌祁装の小林社長も

そのお客様たちの声を聞いて

「通院やお見舞いで来院された方が

少しでも明るく前向きな気持ちになれたら

嬉しいですね〜」

とおっしゃっていました。

同感ですnull

 

本当にありがとうございましたクローバー


(↑写真中央が小林社長)

 

もっともっとこんな輪が広がるようにheart

これからもNPOガンバリマス!!

 

 

 

 

(株)コバヤシ建装さんによるまちづくり

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 14:35

 

土浦市乙戸にある(株)コバヤシ建装さんが

「ぜひ、土浦のまちづくりに貢献させてください」という

あついお気持ちを持ってNPOにいらしてくださいました。

 

本当に、何よりも嬉しいことです。ビックリ

 

我々が志している「市民参加のまちづくり」

同じ方向を目指す企業さんや個人が、お一人でも増えていくことが何より嬉しいです。

自分たちの事業評価をしてくれる以上に、とても嬉しいことです。ハッピー

 

 

ちょうど、この2月から変更となった

Bコース亀城公園循環の「霞ヶ浦医療センター」バス停。

ここの塗装をしてくださることになりましたビックリ

 

 

 

 

 

コバヤシ建装さんの小林健一代表と、大場部長。

当NPOで綿密な打ち合わせを行い、

2月25日の土曜日に まずは高圧洗浄機で洗浄をすることとなりました。

霞ヶ浦医療センターさんも快く承諾してくださり、当日は晴天。晴れ

 

 

 

 

バス停の屋根の上には何十年分の汚れがこびり付いていました。

「ドカドカ」音を立てて落ちてくる泥となったゴミの塊。怖い

 

 

 

 

 

 

約1時間近く洗浄し、

 

 

 

 

 

ついでにベンチも綺麗になりました。キラキラすごい

 

 

 

 

いよいよ今週末(4日,5日)は、塗装をしてくださいますビックリ

 

「病院」というと、暗いイメージ。

特に、この霞ヶ浦医療センターは、霞ヶ浦海軍病院として昭和14年に設立され

歴史が古いだけあってか、暗いイメージは否めません。

 

だからこそ、

この入口のバス停だけでも 明るく綺麗にすることで、

入院されている患者さん、通院される方や、ご家族のほか もちろん、

医療関係者の誰もが明るい気持ちになるように

NPOは、コバヤシ建装さんをはじめとした市民の皆様と

全力でリニューアル致しますビックリ

 

ぜひ、このまちづくりにご協力くださる方はご連絡ください。がんばる

 

これから、バス停周辺の草むしりとか、花植えとか・・・

いろいろ企んでいるのであります。むふふ・・・。

乞うご期待ハート

 

 

 

「霞ヶ浦医療センター」のバス停移動

  • 2017.02.01 Wednesday
  • 17:28

 

 

先日、茨城県南生涯学習センターにおいて協働のまちづくりシンポジウムが

開催され、会場であるホール前では土浦市のまちづくり団体による

ポスターセッションがありました。ハート

 

毎年、各団体は活動の紹介、アーカイブ等をポスターにして掲示するわけです。
どこの団体も競うようにポスター作りに力をいれています。

 

もちろん、我NPOも毎年出展しています。いわば、まちづくり団体の「二科展」

と言っても過言ではありません。

 

我々も、ほぼ一夜漬けの作品を制作して出展します。(笑)

ほかのどの団体に劣ったとしても、あの「スポーツ健康倶楽部」にだけは

負けたくねぇ〜と、闘志を燃やすのです。火

 

今年のポスターは、我NPOの事業を紹介すべく、たくさんのイベント画像を

容赦なく、これでもか!というほど、執拗に掲載します。エリザベス

「やってまっせ〜〜!」のアピールしまくりです。「やけくそ」感、満載。笑

 

「キャッチアイ」となるインパクトありありの作品も作らなきゃ。汗

 

 

 

 

 

工作開始です。ルンルンちゅん

何よりも楽しい業務です。

 

小学校でいえば、図工の時間ですね。

 

 

 

 

突然、天からおりてきた閃き(ヒラメキ)ひらめき

 

トトロのねこバスをキララちゃんバスにしちゃお〜っと。onpu03

ということで、切った、貼ったの末の製作時間35分。

 

 

 

 

 

完成でございます。♪

「乗れないやん怒り」と、トトロのつぶやきは置いといて。。(笑)

 

 

 

 

 

めでたくポスターセッションにおいて、最優秀作品賞に輝いたはずです。

(そんな賞、ないけどねー)むっつり

 

 

 

 

ところで、2月1日(水)

今日からBコース亀城公園循環の「霞ヶ浦医療センター」バス停が移動しました。スマイル

 

 

 

 

 

 

従来のバス停は、右回り&左回り共 ルート上にありましたが

 

 

 

 

 

霞ヶ浦医療センターの敷地内にあるバス停に移動しました。スマイル

 

 

 

 

 

 

 

これで、雨の日でも大丈夫。kamuleハート

ベンチもあるので、ゆっくり座ってバスをお待ち頂けますよ。

 

(ねこバスは、いくら待っても来ません。念のため・・・)(笑)

 

 

 

 

より多くの方に利用してもらうために

  • 2016.12.20 Tuesday
  • 14:31

 

 

キララちゃんバスが値上げをしてから丸1年以上が経過しました。

 

100円の運賃で年間16万人近くの方が乗車されていましたが

150円に値上げしてからは14万人と減少しています。ぐすんぐすん

 

約2万人の減少の原因が「値上げ」したことだけではなく、

「協同病院」の移転が大きく影響していることがわかりました。

3路線のうち、特に減少が多いAコースについてはルートの見直し等

抜本的な改革が必要となります。ヤッタv

 

そんな中、今日はワークショップを開催しました。手

関係者はもちろん、バス運送事業者さん、バスボランティアさん、

利用者さん、土浦市議会議員さんもいらしてくださいました。

総勢21名あひゃネコ

 

 

 

 

 

テーマはズバリびっくり「どうしたらより多くの人に利用してもらえるか?」

 

 

 

 

 

コンサルタントのアルメックVPIの内山氏にもファシリテーターの

お手伝いをお願いして、参加者の皆さんからたくさんのご意見、アイデアを頂きました。おかお(幸せ)

 

 

 

 

 

「やっぱり、協同病院が移転したことは大きいわね。」セリザワさん

「ぴあタウンもお客様がめっきり少なくなっちゃったわよ」kyu

「ラクスマリーナからの乗客はいるのかしら?」汗

「生田町にヨークベニマルができるから、Bコースは期待できるね」ちゅん

「やっぱりイオンにも延伸したいよね」キティ

「Suicaとか電子マネーが使えると便利。定期券も検討してほしい」むっつり

 

 

 

 

 

「料金が固定の150円なんだから、前払いにした方がお年寄りは安心して乗れるわ」

「降りる時に慌ててしまうもんね」

「土浦斎場が新しくなったわね。高齢者は運転ができないから

あそこまで行ってもらえると便利なんだけど」

「あちこち、新しい道路が開通したから、ルートも見直すべきよ」

 

 

 

 

 

 

「11年間の継続運行はそれだけで素晴らしい実績(成果)であり、

すでにNPOは頑張っている!これ以上どうすればいいのだ?」

「なにはともあれ、資金投資が必要。土浦市にその資金が無いと言われれば

どうすることもできない」泣く

 

 

 

 

 

「NPOの目的はまちの活性化であるけれど、それだけでよいのか?」

「確かにキララちゃんバスはまちの活性化に十分貢献してきた。」

「これからは土浦市のコミュニティバスとして、交通弱者買い物弱者への対応等

担うべき課題が多く、市民の期待も大きい。」ネコ

 

 

 

 

「荒川沖、神立、天川、中村、新治など交通不便地域に

キララちゃんバスは走ることができないか?」

「コンセプトが違ってくる。しかし、それ自体見直す時期ではないのか」

「高齢者の免許返納を促して、返納したらキララちゃんバスの利用を促進」

 

 

 

 

熱気と本気とやる気に包まれたワークショップは終了。

 

たくさんのご意見。たくさんの要望。星

たくさんの検討案。たくさんの課題。星

 

つまり、キララちゃんバスに期待が大きいということ。

 

 

 

 

 

 

これら栄養ある豊富な具材を煮込んで煮込んで・・・

より安心安全便利で、人にまちに優しいキララちゃんバスを目指していきます。

 

参加された皆様。お疲れさまでした。ありがとうございました。

 

 

 

松屋さん閉店

  • 2016.12.12 Monday
  • 17:03

 

 

10月の終わりに「小野肉店」さん、

そして、パスタの「和楽」さん・・・

 

悲しいことに商店が次々にお店終いしていきます。汗

中城通りの「松屋」さんも今月25日をもって閉店となります。ぐすんぐすんあせ

 

 

 

 

松屋さんの前には、キララちゃんバス「大手門入口」のバス停があります。手

 

 

 

 

今から11年前のバス運行開始直後に

松屋の旦那さんがバスを待つ人のために設置してくれたベンチ。

今あるこれは2代目ベンチで、ご主人の手作りです。おかお(幸せ)

キララちゃんバス運行開始至上「第1号ベンチ」でしたびっくり

 

あの時は本当に嬉しかったな〜。スマイル

 

 

 

 

ほら。思わずご主人と仲良く座って記念撮影しちゃったんだ〜♪♪

懐かしい・・

 

 

そんな「松屋」さん。

 

 

 

中城通りでお店をはじめて75年の歴史に幕を閉じるのです。アンパンマンガーン

 

 

 

悲しい・・・けれど、店内一掃セールを開催中です。(25日まで)

 

 

 

松屋さん。

先代のご主人が始めた頃のお店は大和町にあったそうです。

おもちゃ、お人形、下駄を扱っていました。

ご主人が2歳の時に今の中央1丁目に移転し、それから75年。

 

先代のご主人が提灯描きの職人さんだったので、今のご主人も

そして我らが「師匠」と勝手に尊敬する3代目 J Soul Brothers 信ちゃんも提灯描き職人さんです。

 

今のご主人は7歳の時に先代が他界してしまったので、提灯描きを教わることができなかったそうです。

そこで、高校生(土浦一高)の頃、真鍋の坂を下りたところに提灯職人さんがいたそうで、

毎日そこへ行っては眺め、見様見まねで自分のものにしていったんだそうです。びっくり

 

「金が無かったからさ、大学進学を諦めて雑貨屋の商品を自転車の荷台に積んで

毎日 行商へ行きながら、夜中は提灯描きをしてお金を貯めて 弟と妹を大学へ行かせたんだよ。」

松屋さんが75年の思い出をお話してくださいました。

(涙出ちゃう・・・泣く

 

 

 

 

 

 

「最後の仕事がこれだよ」と、ご主人が提灯を見せてくださいました。

八坂神社に奉納してくださるそうです。

(八坂神社の氏子である我々としても、感謝申し上げます。)ハートハート

 

 

 

 

 

こうして、またひとつ

老舗のお店が無くなってしまいます。汗

 

また、「職人さん」も少なくなっていくんですね。

自然界でも絶滅危惧種が多くなってきてるけれど(笑)

伝統文化を受け継ぐ後継者も絶滅危惧として、どこかが警鐘を鳴らして

継承存続にお金と知恵を出し合わなくっちゃ!!

 

「日本の伝統文化」

それこそが消えてなくなる日が来るのでしょうか?

「日本滅亡」??

考えただけでも恐ろしい汗

 

 

 

 

信ちゃん師匠が描いた作品(看板・玩具・標識等)

もう見られなくなっちゃうのかなー。

 

中城だけでなく、土浦の誇りだったのに。汗

 

 

 

 

「海か?山か?茨城県北芸術祭」つづき

  • 2016.12.02 Friday
  • 18:10

 

茨城県北芸術祭のつづきです。

 

鯨ヶ丘には空き店舗を活用したおもしろいプロジェクトがありました。

創造的なコミュニティー形成のきっかけ作りに取り組む美術家 北澤潤氏による

「リビングルーム」

そこには地域の人々が持ち寄った不用品(家具や日用品)が配置されていました。

 

 

 

 

 

ここへ来た人が、それらを物々交換し、そこからお互いの交流が生まれる。

というコミュニティ。日本各地で開催されているらしく、それぞれの地域によって

生まれる空間が、それぞれ異なることがおもしろいんですね。

 

 

「アーティストの助手です。」という大学生がMAPの紹介をしてくれました。

 

 

 

鯨ヶ丘商店街の地図です。

リビングルームにあるモノがどこから来たどんなモノかを示しています。

 

 

 

 

どこぞに旅立ったか(笑)、既にモノは無いけれど

こうしてかわいいイラストが残っているので、

モノに馳せる「想い」がこの部屋に残っていて

それこそが温かい「空間」となっているのですねー。

 

これ、土浦でもやってみたいな〜♪

 

 

 

 

 

鯨ヶ丘の次は高萩市へ。

「ソウル・シェルター」「落ちてきた空」を鑑賞。

 

 

「日本の渚100選」にも選ばれた高戸小浜

茨城にもこんな美しい海岸があったのか!と、まずはここにビックリ!!(笑)

 

 

ソウル・シェルター=「魂の殻」

貝殻の中から人の指が突き出た形をしているこの作品。

遠くからも一目瞭然。それがわかるので思わず「げげっ」

なんとも不気味です。

「スッシリー・プイオックは、この作品に、仮の宿に住まう人間の努力や生命力、

そして「新しい肉体」への魂の旅という意味を込めました。

常に自然と人間の関係を問い直してきたプイオックは、環境とともに

生きるすべての生き物たちの人生を見つめようとしているのです」

 

なるほど。命の重みが感じられますね。

(不気味なんて言って、ごめんね。)

 

 

 

 

 

 

 

「落ちてきた空」

 

 

 

太平洋をバックに「空」が1枚。

なんとも斬新な光景です。

鑑賞する側の我々に「なぜ?」「どういったストーリーが?」と

考えさせるアクションも 一つの芸術なのですね。

 

 

 

 

天心記念五浦美術館に入るや否や目に飛び込んできた「紅のブタ」??

 

 

 

めちゃ可愛い〜。それもインパクト大です。

ステキ!!わたしもこんなに輝いて羽ばたきたい〜〜♪

 

 

今回の芸術祭で人気沸騰となったチームラボ

その作品《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》

 

 

お茶を点てると、茶碗の中に花々が生まれ咲いていく作品です。

茶碗を移動すると後から花たちも移動して、茶碗のお茶の中にまた咲き誇るのです。

これは、下(床)が感じるお茶の温度センサーを上からの光がキャッチし、

投影される仕組みらしいです。

「小さき無限に咲く花の、かそけき今を思うなりけり」

 

花の命は短くて苦しきことのみ多かりき・・・では ないようです(笑)

 

 

 


これらはコンピュータグラフィクス。

そのつど描かれるもので、まったく同じ絵は二度と表れず
「茶の湯に日本文化の精髄を見いだし、平和のありがたみを説いた

天心にささげる作品」だったそうです。

 

天心さんも さぞお喜びのことでしょう〜♪

 

 

 

 

そして、今年一躍有名となった「伊藤若冲」

その「鳥獣花木図屏風」

 

今年、都内で開催された若冲展覧会は連日行列が続いていましたね。

その頃、正直「伊藤若冲って誰?」の私でした。全くご存じなかったのですが

この「鳥獣花木図屏風」の表現法(升目画)を知って、ビックリPONでした。

 

 

 

 

つまり、升目=ピクセル

なのです。画素数なのです。

 

300年前にお生まれになった変な名前のこのオジサマが

まさか近未来のデジタル画質と同じ表現をされていたなどとは

ぶっとびーー!なわけです。

 

そして、その「鳥獣花木図屏風」の中の動物を動かしちゃうチームラボ。

ユートピア、半端ない♪(笑)

ダブルぶっとびー!でした。
 

 

 

 

 

この県北芸術祭。たくさんの作品(100点)の中から、もう少し観てみたかったな〜。

と、今更後悔しました。

 

 

 

この芸術祭の来場者は、当初の予想30万人をはるかに上回る70万人。

何を持って成功というのかはわかりませんが、その数字だけからでも

「成功」とみなされるのではないでしょうか。

ただ、県北地域がこの芸術祭を今後の地域づくりにどう反映させていくのでしょうか?

どう活かされていくのか?どう活かしていくのか?

期待します。

 

県の魅力度アップにじゅうぶん貢献(効果)アリ!と、思うのです。

 

 

 

 

 

最後に

鯨ヶ丘の「たい焼き」ではない「鯨焼き」を紹介しときます。

まいう〜〜♪だし、このほくそ笑む鯨ちゃんが、なんともキュート♪でしょ。

(お味もいろいろ。)

 

 

「餡か?カスタードか?県北芸術祭」

じゃなくて、

「喰うか?喰われるか?・・」でもない、(汗)

 

「海か?山か?県北芸術祭」でした。

 

 

 

 

海か?山か?芸術か?「茨城県北芸術祭」

  • 2016.11.22 Tuesday
  • 15:00

 

65日間開催された茨城県北芸術祭が幕を閉じました。

行かれましたか?

 

私も滑り込みで行って来ました。

でも、ほんの一部です。

 

この芸術祭。県北の6市町村32個所に渡って開催。

作品数は約100あり、参加アーティストは85組。

大規模なものでした。

全てを観られた方はどのくらいいるのでしょう?

ポケモン制覇ほど、スゴイな(笑)

 

 

 

私は、まず常陸太田市の 今や観光名所となっている「鯨ヶ丘商店街」へ

おじゃましました。

ここは、まちの形が鯨に似ていると評判のユニークなところ。

 

 

 

 

 

小高い丘の上にあって、見晴らしもいいです。

この坂路。なんか宮崎駿か新海誠の映画のワンシーンになりそうです。

 

 

全体的に古い建物が多く、昭和のよき時代のまちの様子が

簡単に思い浮かべることができます。

 

 

 

まちに入って真っ先に目に飛び込んでくる窓の色。

ショッキングピンク!!林家ペーパーご夫婦が大喜びしそうなほどの奇抜さ。

どのお店の窓にも貼ってあります。よく見てみると

デザイナーさんが、各店舗にインタビューをした時の内容(言葉)が書いてあるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはBOOKCAFE

「BOOK喫茶好きだし、本屋さんめぐり好きだから

喫茶やってみちゃおうかなーって、

おしゃべりしてもいいんですけど、一人で気軽に来られて

ちょっと遊んで本読んで。

長く本を読んで行ってもらえればなぁーと思って。

 

なるべく古い建物は残ってほしいですね。

今あるものだけでも。

できれば今風にちょっと直してもらって

若い人に引き継げられればいいなぁーって。

 

田舎暮らしの素敵さ。

生き物との共存とか、どんな生活をしているのか、

生きているかHPで紹介したい。」

 

 

 

飲み屋さんの2階

 

 

 

 

「昼も夜も賑やかでした。スーパーもあったから

冷蔵庫も要らないくらい便利でしたよ。

ここにいたいねって思ってほしいんだよなぁ。

太田にいてほしいなぁって。

子供たちの声が聞こえるような所を、

近所の親たちと一緒に遊べるようにね。」

 

 

 

 

老舗のお米屋さん

 

 

 

 

 

 

「県北っていうのは太田が中心だったからね。

だって税務署はある。映画館だって3つもある。

裁判所もあるんだもん。

人がいっぱい来ましたよ。

何やっても売れたでしょうよ。

場所が良かった。

寂しくなりましたな。」

 

 

いいですね。おもしろいですよね。

こんな感じで、一軒一軒のお店の店主の想いが

我々初めて訪れた来街者にも伝わってくるのです。

まちを想う気持ち。大事にしたいという気持ち。

若い人に繋げていきたいという想い。

読んでいくだけで、まちの温かさが伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

以前の常陸太田市役所です。(合併前のまち役場)

今ではまちの郷土資料館になっています。

 

 

 

何もないような?ただの白い床?・・ではないんです。

約7m×15m四方の茨城県地図なんです。

 

カッターで建物部分をくりぬいた型紙のような地図の上に、

ベビーパウダーを振りかけ作られています。

 

 

 

 

ぶっとびー!ですね。

必死に霞ヶ浦と土浦市を探しまくりました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

おもしろかったのは、人や動物の一日の行動(生活)をグラフにしたもの。

デザインやアートを超えて人々の知覚や気持ち、記憶に関わるクリエイティブを生みだしたものです。

約50人ほどの生活(Life Stripe)統計がアクリルプレートに息づいています。

その下には説明の記述があります。

 

 

中には、ほとんどがピンク色のプレートがありました。

若い男の子で、普段なかなか会えない遠距離恋愛の彼女と一日中過ごした。とありました。

 

いいね〜。ほのぼのしちゃう。HAPPYな気分になれます。

 

また、ほとんどの人が起床ー食事ー移動ー仕事ー食事ー仕事ー移動ー食事ー就寝ばかり。

 

犬のグラフは寝る寝る寝る食べる寝るたまに飼い主と遊ぶ。なんて感じ。

 

 

 

 

その中で、

 

 

 

ほとんどの時間が「仕事」となっているグラフがありました。

どこぞの広告代理店勤務?ではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの311の大震災の翌日のことですね。

 

ここ常陸太田市も大きな被害がありました。

これは忘れてはいけないグラフだと思います。

 

 

つづく

 

 

 

 

かわまち芸術祭

  • 2016.11.18 Friday
  • 12:31

 

 

土浦市中心市街地活性化基本計画のひとつ

 

かわまちづくり事業」が少しずつ進んでいます。

 

中心市街地のまち空間と霞ヶ浦や桜川などの水辺空間が融合した

良好な空間形成を推進するものです。

 

「空間形成」?って、なんだ?

なんともはや、3Dか、4Kテレビの世界かと思わせるお言葉。ゆう★

 

 

具体的に言うと、

〕景眛察坂路の整備による水辺回遊ネットワークの形成

∈川の浚渫によるまちなか舟運やドラゴンボート大会の実施

カヌー・カヤック利用者のための船着き場等の整備

ぜ転車道・案内看板・サイクルステーションの整備等による自転車環境の向上

 

なんてものだそうです。

 

 

桜川に架かる常磐線から桜川橋までの遊歩道整備工事、匂橋付近のガードレール修繕工事等が今まさに 進んでいるところですね。(たぶん)

 

そんな話題の桜川。

堤防を歩いて行くと、なんと、そこに「アート」が出現するのですびっくり

 

右手に桜川、左手に桜町の4丁目付近です。

 

 

 

 

 

 

そのアート作品の数々をご紹介します。

 

 

 

 

川面の向こうに・・・何が見えますか?

 

 

 

 

 

 

 

・・・タイトルが、わからない・・・kyu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思惟の椅子・・・で、何を思うか?

私は・・今晩の献立。あは

 

 

 

 

 

ふんふん。

 

 

 

 

 

なるほど、なるほど。

 

 

 

 

 

 

どれも、個性溢れる作品。いい感じですね。てれネコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うしろのトトロ?」mai

と、うしろを見れば・・・

 

 

 

 

 

安心してください。ちゃんとにいました!

 

 

 

 

 

 

腐っても鯛。朽ちてもアート的な・・?

 

 

 

 

 

 

 

座布団の山田君もいるんですね。ちゅん

 

 

 

 

 

 

あ、これはストーンアートですね。

 

 

 

 

見ていると、作品意欲が湧いてきます。ハート

 

 

 

こうした市民手作りの芸術祭。

なんか ほのぼのしますよね。嬉しい

 

ほんとに、土浦って歩いて楽しいまちなんだな♪って、つくづく感じる瞬間です。

 

 

桜川の遊歩道が完成したら、完成祝いに

このエリアでの「かわまち芸術祭」を(ちょっぴり)盛り上げてみたいな〜。音符

 

いずれは、長い距離に渡ってたくさんの作品が並ぶといいな〜。手

 

ハードは行政に、ソフトは我々市民が。

 

これが理想ですね〜矢印上矢印上ニコonpu03

 

 

 

 

クリスマスバス

  • 2016.11.17 Thursday
  • 13:04

 

 

はじめまして。研修生の石川です顔

(つくば市に住んでいます。)

 

楽しい方達ばかりの中で、

毎日、色々と勉強させていただいてます。

今日はブログ初体験です初心者

 

 

キララちゃんバスが 秋バージョン栗から

クリスマスバージョンクリスマスになりました。

 

キララちゃんバス初乗車です。

勿論、バスの飾り付けも初体験。

 

 

 

 

 

飾りが外の景色を妨げないように……

 

 

 

 

 

吊り輪の邪魔にならないように……

 

 

 

 

 

わ〜い矢印上 クリスマス〜クリスマス

 

土浦市のキララちゃんバスが、長く運行されているのも

スタッフの方々のこうした小さな気配りが支えているのだと思いました。

 

 

これからもキララちゃんバスをよろしくお願いしま〜す☆

 

 

 

 

菊まつり&カフェ

  • 2016.11.14 Monday
  • 16:14

 

理事会も終わり、ほっとひと息。。。

亀城公園で開催されている『菊まつり』へ

行ってきました。

 

 

毎年思いますが、ホントに見事な出来栄えの菊たちに

ただただ圧巻です!

 

 

 

この菊はどんな人が育てたのかな〜

どうすればこんな形に育つのかな〜

 

 

なーんて、丹精込めた人たちに思いを馳せながら

ひとつひとつ菊の花を愛でていきますごちそうさま

 

 

 

 

菊の盆栽も展示されていました。

可憐な可愛らしさ❤

 

 

たくさんの見事な菊に癒されたあとは

亀城公園前の『城藤茶店(しろふじのちゃみせ)』で

ホッと一息。。。

 

 

この時期、私のオススメは『マロンミルク』

あったか〜くて、とってもほっこりしますよ〜♪

 

ちなみに「土浦菊まつり」は明日が最終日!

開場時間は 9時〜16時です。

ぜひ今年の菊を堪能してくださいゆう★

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

WEATHER NEWS

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM