マジで総会する5秒前(第13回通常総会)

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 16:07

 

やっと、今年度も無事に総会が終わりました。

 

毎年、総会前の1か月前あたりから胃が痛み始めて

1週間前になると断続的な腹痛に苦しみ・・

かと思いきや、3日前には「やけのやんぱちひやけのなすび」のごとく

どーにでもなれ。と、開き直り、やたらHIGHTになるという始末の悪いわたくし。

 

 

 

 

 

 

 

慎重なる審議中・・・(たぶん)

誰も寝てはならぬ by『トゥーランドット』

 

 

 

 

我々が年中ぶちかましている まちのイベントのように

総会もひとつの「えんたーてーめんと」と、捉えれば

もはやワクワクドキドキする胸の鼓動を押さえられません。

マジで恋する5秒前のごとく。

 

 

 

そんな総会の会場に

今年は素晴らしいサプライズゲストが来てくださいました。

ゆず?ミスチル?

 

え?いきものがかり?

 

 

 

 

え?生きてるかぎり?

 

土浦は神立の地(神立商工振興会)で生まれたアイドル老いドル。

今や飛ぶ鳥を撃ち落とす勢いの(ない)ユニット。

「哲&晴withあけのちゃん」が、

勝手に作った(笑)「キララちゃんバスが走る」の歌を引っ提げての登場です。

 

 

 

 

「こっち(NPO)の了解もとらねーで、勝手に歌作ってんじゃねーど!怒り

なーんて、ケチな難癖つける理事は誰一人おらず、

「ほーほー、なるほどー、いいねー!」と、拍手喝采の楽しいLIVEとなりました。

ありがとうございましたハート

 

土浦市民 皆さんに愛されているキララちゃんバス同様

この歌も土浦市民だけではなく

「35億」の世界中の方々に愛されることを願いつつ、

理事は足早に・・・本日の最大目的地へちゅん

 

 

 

 

「いよっ!待ってましたピース

 

 

「うまい、安い、早い」の「中華の鉄人 藤澤一志の福来軒」では、

またまた愛を育むための盛大な懇親会(目指せ!アルコール摂取量NO.1)が開催されました。

 

 

 

「1年間、よくやりました!お疲れさーーーんハート

 

また、今年度も中心市街地活性化に全力を尽くすNPOなのです。

 

 

♪3次会まで頑張る理事が、へべれけに〜

MajiでKoiするくたばる5秒前〜〜♪

 

 

 

コミュニティサロン 聚 で楽しいランチタイムを♪

  • 2017.05.19 Friday
  • 15:39

 

事務局:「ぐんちゃん」です♪

 

 

5月も半ばを過ぎ、だんだんと夏に近づいてきましたね〜晴れ

気温がぐんと上がる日は熱中症対策をしっかりととってくださいね。水水

 

さて、『 まちづくり活性化土浦 』も総会に向けて最終調整に入ってきました。

理事会や総会の前は資料作成のため事務局にいることが多いので、

息抜きに外でランチを摂ることもしばしば・・・ランチ

おいしいランチってテンションがあがり、気分もリフレッシュしますよね。

 

そんなおいしいランチが食べられるおすすめのお店をご紹介したいと思います。

場所は城通り琴平神社のそばにある『 コミュニティサロン 聚 』さん。

 

こちらでは週替わり(不定期)でランチを提供しています。

 

 

先日伺った際のランチメニュー↓↓↓

 

 

すじ肉カレーランチ

(サラダ・わかめスープ付)♪お値段¥700

すじ肉のコリコリ感と スパイスの効いたカレーの相性がよく、とてもおいしかったです。

 

 

週替わりで味を楽しめるので、毎回行っても飽きがこないところもいいですね〜時々ウインクペコちゃん

忙しいビジネスウーマンには「早い」&「おいしい」&「お安い」 が嬉しいヤッタv

なんてったって、「コスパ」は大事ですね〜手

 

 

 

初めて知った!という方はぜひ一度、足を運んでみてくださいね〜♪

味にコスパに満足していただけると思います!

 

お越しの際はランチの数に限りがありますので、前もってご予約をするか、

早めに行かれることをおススメします。

 

お問い合わせ先はこちら↓↓↓

 

【 コミュニティサロン 聚 】

 

TEL 090−4059−4860(伊藤まで)

 

 

 

 

 

捨てたもんじゃない、茨城県!◆粗立の大煙突〜

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 15:01

 

 

皆さんは日立の大煙突をご存知でしょうか?

常磐高速道路を日立方面へ走って行くトンネルとトンネルの間の

左手に見える赤い煙突です。

 

 

 

現JX金属の日立事業所があります。

 

 

 

平成5年に倒壊するまでは日本一を誇る約156mもの高さだったらしいです。

あの、東京タワーの半分ですよっ!(半分か・・)笑

 

 

 

 

その1/3の54mの高さとなってしまった今でも、それなりに存在感はありありですね。

 

 

鉱山を掘り、銅を製錬していた日立鉱山。

その採掘される銅鉱石には硫黄分が多く含まれているので

製錬する際の煙害が酷く、問題視されていたのです。

いくつもの煙突や煙道が建設されるも煙害は防げずに

ようやく156mの煙突が「久原房之助」によって造られました。

 

1914年(大正3年)4月8日に建設許可申請を出して約1年

1915年(大正4年)3月1日に使用開始されたとするからビックリ。

 

黒部ダムの建設には到底及びもしない規模だけれども

人海戦術で行われたこの建設。

東北地方からの出稼ぎの鳶職人さんが多かったらしいです。

156mの高さに足場を組むって、

「ぶっ飛び〜〜!」なものではないでしょうか?

 

 

 

 

 

こんな空前絶後な壮大かつ素晴らしいドキュメンタリーが、

ここ茨城県で繰り広げられていたことに私はただただ、感動するのです。

 

記念館にはそんじょそこいらでは観ることができないモノモノモノ。

掘削機、電圧機、空気圧縮機、国内最大保有数を誇る削岩機、

コンプレッサーなどなど。

そして、日本史に残るストーリー、壮大なスケールの建設計画書や製図、

当時の写真が残されているのです。

 

そりゃーね、富岡製糸場も素晴らしいですよー。

黒部ダム建設も そりゃー、

どう逆立ちしたって太刀打ちできないものですが、

いやー、

この日立の大煙突。

とんでもにゃーもんですわ。びっくりPONです。

 

その昔、新田次郎の小説『ある町の高い煙突』の中心テーマとして

取り上げられたらしいけれど、下町ロケットやら半沢直樹みたいに

話題沸騰となったドラマのように・・・

これって、誰かドラマ化してくれないかーーーい。

頼むよーーーー!!

 

・・・と、ぐぐっていたら、なんとなんと。映画化されるんですって!!!

なんていうタイミング。  

茨城県民にとって、素晴らしい朗報です!  

 

日立の大煙突

これは、自信を持って誇るべき産物(産業遺構)ですよね。

思い切り、自慢するしかありません。

でもその前に、

ここぜひ一度、見学に行ってみてください。

資料館はもちろん、鉱山の一山散策するだけでも、

今の日本産業の礎の破片を拾えるかもしれません。

 

捨てたもんじゃない、茨城県! 善の岬〜

  • 2017.05.12 Friday
  • 16:45

 

 

「明日の茨城を考える」茨城県視察研修へ行って参りました。

 

昨年は茨城県北芸術祭開催地を回りましたが、その際に

県北には魅力がいっぱいあるのだということを認識し、

まだまだ知らない茨城県の魅力を発見&発信しようという目的で

日立市と常陸太田市を視察しました。

 

国民宿舎で日本一の人気を誇る「の岬」

「泊まりたくても予約ができないんだから、行きようもないわ!」

と、イラついてるそこのあーた。Docomo88

安心してください!日帰り温泉もあります。お食事も美味しいですよー。ゆう★

 

ここで支配人の佐美氏に「の岬のおもてなしについて」

をお話頂きました。

 

 

 

 

その後に、の捕獲場所に案内してくださったのです。

1300年の歴史を誇る「飼」は全国12か所で行われていますが、

その飼のは、ここ日立市で捕獲してそれぞれの飼地へ供給しているのです。

知ってました?

 

日立市職員の方の説明の後、めったに入ることができない飼の現場で、

今現在、捕獲をされてる方のお話と、なんと当日の朝に捕獲された「うー(鵜)ちゃん」に

会うことができました。

 

 

 

 

捕獲方法は「おとり作戦」

断崖絶壁におとりのを配置し、「イエ―イ、ガイダンペキゼツにギャンかわ見っけー!手

と、空から降りてくるアホなを捕獲するんです。

おとりの側に設置した鳥屋から そ〜っと「かぎ棒」を出して、の足首に引っかけ捕獲します。

は朝早くに活動するらしく4時頃には捕獲終了です。

 

 

 

 

今朝、獲れたての「うーちゃん」Docomo80

お目々がエメラルドグリーンです。

推定年齢2歳。

お腹の白い毛がだんだんと斑と混じって

年をとるほど腹が真っ黒になるんだそうです。

 

・・・ドキッ!エリザベス

 

 

 

「煮るなり焼くなり、どーにでもしてくれっ!」

と、言っています。(たぶん)

もう、やけっぱちなうーちゃんです。笑

 

 

 

 

 

現在の捕獲職人さんは3人。

捕獲は4〜6月と10〜12月の年に2回。

 

職人さんは、朝の捕獲が終わると、小さな小屋の中で「かぎ棒」を作ったり、

を入れて各飼地へ輸送する時の「籠」を編んでいるそうです。にた

ここだけ、とても原始的というか伝統文化継承の地らしい静かな時間が流れていました。

 

 

と、現場でお話を聞いているうちに 止んでいた雨がパラパラと降ってきました。雨

慌てて建物に戻ろうとして振り返ると、国民宿舎のスタッフの方々が

宿舎据え置きの傘を人数分持って立っておられました。

我々を迎えに来てくださったのです。ハートヤッタvハート

 

これが、おもてなし全国一を誇る国民宿舎「の岬」なんですね。

感動で涙こそ こぼれ落ちませんでしたが(笑)、茨城県を誇らしく思った瞬間でした。

 

ありがとございましたーきらきら

 

 

 

 

 

 

 

着袴(ちゃっこ)の儀

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 10:06

 

ゴールデンウィーク最終日、

中城まちかど蔵大徳2階において

『着袴(ちゃっこ)の儀』 

平安装束着装の実演がおこなわれるというので

見学に行ってきました♪

 

あわせて、土浦市特産の蓮の花を使った

「霞蓮(かれん)雛人形」の無料制作体験も

お隣りで開催中でしたよ〜ニコッ

 

 

 

 

 

皆さん和気あいあいと楽しく作られていました♪

どの作品も可愛らしい仕上がりハート

 

 

さて。着袴の儀とは???

平安時代、子どもの健やかな成長を願い

公家装束の童直衣(わらわのうし)を着装し、

集まった親族に披露する恒例行事でした。


この行事を現代に再現するのは、

すがた美容室の木村恵子会長。

ご自身も4人のご子息がいらっしゃいますので

男の子の扱いならおまかせ!!!

 

 

ものの5分、あっという間にお召し替え完了〜

 

 

碁盤の上に乗ってもらい、ここから飛び降りるのが

習わしだそうです。

 

 

足の下には「邪気を払う」とされる石が。

(ジャンプの時にはもちろん外します汗

 

 

さ〜て、うまく飛べるかな???

 

 

いちにの、さ〜ん!でジャンプ〜矢印上

 

 

内村航平にも負けない!安定の着地成功しましたき

 

(動画提供:高橋仁美さん)

 

こんな感じで会場はワ〜ッと盛り上がりクラッカー

11時〜と14時〜 それぞれ3名、

あわせて6人の男児が雄姿を魅せてくれました手

 

ところで、なぜ碁盤の上に乗るのか???

 

平安時代、5歳になるときに

髪を切る(そぎ落とす)風習がありました。

碁盤に乗ると髪を切るのにちょうどいい背丈に

なったことから用いられるようになったのが

始まり...だとか。

 

まちなかで歴史を感じながら

子ども達の愛らしさにも

ほっこりさせてもらいました〜ハート

 

亀の甲より年の功

  • 2017.05.02 Tuesday
  • 11:36

 

4月30日日曜日

 

第1回「つちうらの市」が盛大に開催されました。亀

(土浦城跡の亀城公園を中心にした歴史文化ゾーンにちなんで

骨董やクラフト商品を扱う個人や店舗などが22区画出店)

 

絶好の日和です。晴れ朝から気持ちのいい晴天に恵まれた土浦。

 

朝もはよから準備に大慌て・・・

のはずが、、、、

 

 

 

 

お〜〜い。おじちゃん二人で遊んでる場合か〜〜〜い怒

 

昔遊びのコーナーの「ベーゴマ」で童心に戻る主催者。笑

さすが、の甲より年の功。年のお高い方々は余裕綽々ですね。

慌てず騒がず。「亀の市」だけに、スローリーです。

 

 

 

 

 

 

 

オープン前からすでに賑わう参道です。

 

いよいよ10時にオープニングセレモニーが開始。

つながりで、「亀城太鼓保存会」の皆様による太鼓演奏で幕開けです。

拍が付きましたね〜〜。

 

 

 

 

 

 

ご来賓の方々もたくさんお集まりくださいました。

ありがとうございました。

 

 

董品をはじめとしたアンティーク雑貨や、古書、小道具など

見て回るだけでも楽しいマーケットです。

 

 

 

 

 

 

午後3時までの終日に渡り、ひっきりなしに来場者で賑わったの市。

嬉しいですね〜涙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

れんが堂書店さんも参戦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

して、ステキな音楽で市を盛り上げてくださった皆様。

 

 

 

琴の演奏は高梨美香子さん

「春の調べ」優雅で古典的な和の演奏が落ち着きますね。

 

 

 

お馴染みの水上喜子さん。

わたし「すたこら すたこら すたこらさっさ♪」このフレーズが

いつも耳から離れないんです。(笑) 楽しくて情緒ある歌がいっぱいハート

 

 

 

 

 

中でも、珍しいウードの音色に聞き惚れる人がたくさんいらっしゃいました。音符

なんだか、不思議と心の奥深くに沁み込む音色なんですねー。ほっ

ほんと、ウットリ。ニコッ

演奏は萩野仁子さん。

 

 

 

 

 

路上ライブ的な「境内ライブ」嬉しい手

 

 

 

 

「東鶴&金とと」さんの昭和歌謡に聞き惚れる

昭和をこよなく愛する昭和を生きてきた方々。きき

 

 

 

 

最後はスローなバラードで「音レンコン」さんが締めくくってくださいました。

だけに・・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、ベーゴマにはまった父子。ちゅん

「そーいえばさ、ベーゴマってさ、亀の甲みたいだね」ほんと。にっこり

 

 

 

 

 

筆文字アート ゆかりちゃんも参戦。星

 

 

 

 

 

「土浦市文化財愛護の会」の皆さんによる昔話紙芝居もありました。

こうした昔話や逸話を後世に伝えていくことが大事ですよねー。ごちそうさまき

 

 

 

 

今、話題の「木育」

こちらは木のおもちゃで遊ぼう〜♪コーナーです。

 

 

 

 

 

ウッドバーニングの翔さん。の甲羅を抱いているのかな?

いえいえ、MY BABYを抱っこしてるんですよ。ハート

桝の絵柄に「亀」もお目見え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、大人気でしたね。「包丁研ぎ」

 

 

 

 

の市、とにかく大盛況でした。クラッカー

ご来場の方々はもちろん、出演者および出店者の皆様のおかげです。淡麗グリーンラベル

 

 

また、ご協力ご支援頂きました

中央1丁目の有志の方々、中城振興会、中城おかみさん会、桜橋商店会、本町通り商店会、

観光協会観光ボランティアガイドの皆様、本当にありがとうございました。

 

 

「つちうら亀の市実行委員会」と我々「NPO法人まちづくり活性化土浦」

心より感謝申し上げます。

第2回のつちうら亀の市をどうぞお楽しみに〜〜♪

 

 

 

 

笑いは土浦を活性化する!

  • 2017.04.24 Monday
  • 17:25

 

 

昨年、「瀧泉寺」で初めて開催したキララ寄席。

今年は、同じ中央2丁目の高翁寺において開催しました。

 

 

下のカメラは、「寄席を楽しみに来た小学生が、お寺の参道で遊ぶ」の図

なんか、昭和だわ〜。いいなぁ〜。ハート

 

 

 

 

キララ寄席は、どきんくらぶ

(土浦の歴史や文化をちょっと掘り下げたり見直したり、

8人のメンバーの勝手な思いと感性で研磨して、未来の土浦に繋げていこ〜!)

という団体と、我々NPOが主催となって 毎年この時期に開催しています。

城下町で落語を楽しもう♪という どきんくらぶが年に数回開催している

「城藤寄席」の増刊号がこのキララ寄席です。

土浦にはたくさんのお寺があるので、どうせならお寺で楽しんでみようよ〜♪

ということで、今回のお寺はここ、中央2丁目の高翁寺での開催となりました。手

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、まずは牛久亭学津(ぎゅうきゅうていがっつ)君。

 

この春、つくば国際大学を卒業し、社会人となった彼は

ますます落語の腕も(口も)上がったようです。矢印上

 

 

 

 

 

 

そして、水戸から来てくださった

有難亭良慈緒(ありがていらじお)さん。

某放送局にお勤めだそうです。

声がいいわ〜。ダジャレも冴えてるわ〜。ヤッタv

 

 

 

 

 

 

 

そして、中入りは

キララ寄席と聞いては黙ってられない「哲&晴」の登場です。♪

今日は「WITHあけのちゃん」で、

お馴染みの「キララちゃんバスが走る」の歌を披露してくれました。バスバス

 

 

 

 

後方の神々しく輝く御本尊に負けない二人の衣装。

スパンコールっちゅうもんが、ぎんぎんギラギラ!

「輝け!日本レコード大賞」か?(笑)

 

 

 

楽しいトークも噺家顔負けの面白さ。エリザベス

 

 

 

 

どっちが「ボケ」で、どっちが「つっこみ」かな?

アイドル老いドルだから・・どちらも「ボケ」だそうです。

 

あ〜

おあとがよろしいようで。ちゅんアセアセ

 

 

 

さあ、そしてトリを務めるのはもちろん、この方

好文亭梅朝(こうぶんていばいちょう)さんです。

 

 

 

「いよっ!待ってましたエクステンション

観客席からかけ声が飛びます!

 

 

 

 

 

いつ聴いても、面白いなあ〜。にた

ちょっと「ひょっとこ化」したお顔がまた、笑えるんだな〜。

 

 

 

でもでも、本当のトリを務めたのは

高翁寺のご住職でした。

 

このお寺の歴史についてお話してくださいました。

 

 

 

 

やっぱり、ご本尊の前にはご住職が一番似合うわね〜!笑

 

高翁寺は、桶狭間の戦いと同じ年にこの場所に建立されました。

永禄3年だそうです。ということは今から457年前。ゆう★

 

そして、今のご住職は33代目。

「ほぉ〜〜〜っ!!」歴史の重みに感嘆しますぅ。ガーンネコ

 

そのうえ、

 

 

 

「笙」という雅楽の笛を吹いて、

ご来場くださったお客様や我々スタッフの家内安全を御祈願してくださいました。

 

感動!!

とてもとても、癒されました。とっても得した気分(笑)

疲れもぶっ飛びます!!

 

ご住職、本当にお世話になりました。ありがとうございます。

 

 

キララ寄席は来年も開催致しますよ。お楽しみにね♪

 

 

 

いや、どうも

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 14:35

 

全国どこにでもその土地の「訛り」があるように

茨城県の訛りもキリがないほどたくさんありますね。

東北地方ほどではないけれど、それなりにたくさん。

 

県内でも、県北、県西と場所によっても違う方言があって、

本当におもしろい言葉がたくさんあります。ちゅん
 

それらを

イバラキングの青木さんが、ブログで紹介しているほか、

本やTシャツとして販売もしています。

 

 

 

最近、方言の中のひとつ「いや どうも」が、とても便利に使われてることを

今更ながら、気づいたのです。ひらめき
 

 

 

イバラキング青木さんキングいわく、

『オールマエテーな茨城弁「いやどうも」。言い方ひとつで「いやそれほどでも」

「いや大変だ」「どうもすみません」「どうもありがとう」「いやそれはちょっと」

「どうもこんにちは」など様々な意味に変化する魔法の言葉!』

と、解説しています。

 
我NPO理事長は、日常会話の75%を「いや どうも」ですませています。笑う

 
事務局「理事長、お疲れ様です」
理事長「いや どうもー♪」
事務局「先日の件、いかがですか?」
理事長「いやどうもどうも、どうもよ」
事務局「じゃ、OKで?」
理事長「どうもね」
事務局「それはそうと、商店街の△△さん、入院されましたよ」
理事長「いや、どーも!」
事務局「お見舞い行かれますか?」
理事長「いや〜どうも〜」
な〜んて感じですよ。笑う笑う

 
本当に、便利な理事長茨城弁。


 
「いやどうも」のほか、茨城弁てぇシャツが絶賛発売中だそうです。


 



 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

「この てぇシャツ、いや どうも」

   (このTシャツ、素晴らしいね)

 

 

ランナーズヴィレッジ2017

  • 2017.04.17 Monday
  • 17:24

 

4月16日『かすみがうらマラソン兼盲人国際マラソン2017』が開催されました〜エクステンション

昨年は天候に恵まれず、雨に打たれ、風に吹かれ...

悪戦苦闘されたランナーが多かったと思います。

 

そんな中、今年はド

快晴!!!最高気温は25度と、とても暖かい陽気に恵まれ、

終日マラソン日和となりましたにじ

逆に暑すぎてバテテしまう方も・・・?汗

 

 

 

 

今年も我らがNPO48はマラソンランナーを応援しつつ、

川口ショッピングモール505で

『まちなか元気市ランナーズヴィレッジ』に参加しました。onpu03onpu03

 

以前の場所から少し移動して、今回はとても広々した会場です!!

もちろん今年も子供たちの社交場『キッズコーナー』担当です!

 

 

 

 

今年も200人を超える子どもたちが遊びにきてくれました。

なんといっても人気ナンバー1、リピ率100%の『射的ハスバスハンター』

毎年のことながら、大盛況でした。矢印上矢印上

 

 

 

景品のパーフェクト賞にはキララちゃんファイル、缶バッチ、駄菓子などが入っています。

ハズレても参加賞がありますが、みんなが狙うはもちろん、パーフェクト賞!

チビッ子たちは闘志むき出し、メラメラです。

一点を見つめハンターのごとく打ちまくり!!!にた

 

 

 

でました〜!!パーフェクト賞おめでとう!!手

 

 

 

また、無料の『工作コーナー』では、我々優しいお姉さんお兄さんたちと

切り絵やペーパークラフトのサッカーボール作りをしました。サッカー

 

 

 

 

みんな小さな手でハサミやテープを使うのですが、

上手に扱える子・そうでない子、

早く完成させたくて焦って作る子・いたってマイペースに作る子。

さまざまながら、みんな一生懸命な姿が可愛かったですハート

でもゴールはみんな一緒、自分で工作して出来上がったものを

満面の笑みで宝物のように持ち帰ってくれました。

保護者の方も一緒に作りましたが、その姿も真剣そのものでしたき

 

 

 

 

 

 

大人も子供も楽しめる工作、一緒に作る機会ってあるようでなかなかないものだと思います。

そういう機会作りが大切なんだな、と改めて感じました。

 

今回ボランティアで参加していたただいた県南生涯学習センターのみなさん、

アール福祉専門学校の生徒のみなさん、キララちゃんバスボランティアのみなさん。

早朝からお手伝いいただき本当にありがとうございました。ヤッタv

 

 

 

また、来年もランナーズヴィレッジでお待ちしています♪

 

 

 

 

そろばん塾

  • 2017.04.13 Thursday
  • 13:15

 

 

決算書を作成しながら思い出したのは、小さいころに

無理やり通わされた「そろばん塾」数字数字数字

 

あの頃は

ねこも杓子も犬もしゃもじも

みーんな「そろばん塾」へ行っていたような時代でした。むっつり

(ほんとかな?)

 

家から歩いて10分もかからない近所の家の広い部屋で

長テーブルの前に座って、毎週2回か3回、1時間弱のそろばんの時間。

私には拷問だった気がする。もやもやもやもや

 

 

 

 

 

 

私は左利きなので、

初めてそろばんに触れた手はもちろん左手(指)。

でも先生は容赦なく、

「右手、右手!」怒り

右手でやれと言うので、「ちっ」と舌打ちしてから(笑)

仕方なく右手(指)でパチパチ弾くのだけど

これがまた「まどろっこしい」ったらありゃしない。

イライラするから、なかなか人より上達しない。・・・汗

(利き手のせいにしたね)汗

 

 

 

で、ついでに決算書の話もね。ひらめき

 

ここだけの話。

そもそも今年度の予算額を大きく間違えてしまったままスタートしてしまったので、

もうこの一年、地獄の黙示録(収支録)でした。地獄
大きな声では言えないけど、運賃収入の見込み計算を110万円程間違え

高い予算額となったのがはじまり。

ま、常に高い目標に向かって邁進しているわたしたち。

「なぁんてこと、ございませんことよ」(なぁ〜んてね)

そのため、少しでも予算額(目標額)に近づけるために

バス利用促進、地域通貨券の販売促進、会員拡大、広告協賛拡大ゲットに

NPO48はこの一年、西へ東へ南へ北へと走り続けたのでありました。走る走る走る

そのうえ経費削減もせにゃならん。っちことで、電気も暖房も付けず、

凍るような寒い冬も全員毛布に包みながらぶるぶる震えて仕事をしたのでした。

・・・っていうのはウソですが(笑)ちゅん

とにかくとにかく、

その甲斐あって、なんとなんと、110万程の赤字覚悟でいた決算がほぼゼロに近い赤字で

済みそうなのです。

「やればできる!!!

 

バスは3月31日まで走っているので、

運賃集計や地域通貨券の精算が4月10日近くとなります。燃料費の実績などの委託費が確定するのも

10日過ぎとなり、そこから怒涛のごとく血眼になりながら決算書を作っていくわけです。

 

え?そろばんパチパチ弾きながらやってんのかって?

その通りびっくり

泣きながら通ったあのそろばん塾のおかげで、そろばん無しでは生きていけない。

わけがない。あは

 

 

 

 

でっかい「計算機」をコンパクトな「電卓」に開発したのは日本人なんですと。便利なもんよね〜。

「そろばん」って、そのうち博物館に展示されちゃうのでしょうかね〜。

 

ちなみに、土浦商工会議所主催の「第210回 日商珠算検定」(6月25日日曜日)の

受付が4月24日からはじまります。  土浦商工会議所⇒ http://www.tcci.jp/  

計算力・暗算力はもとより記憶力や集中力・思考力も養われ学力全体の向上も期待できる

そろばん。(あたしゃ、期待通りにはいかなかったケドね)ぐすんぐすん

 

今からは「ボケ防止」にリベンジしようかな?ヤッタv

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

WEATHER NEWS

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM